SLFT(スリフト)

おしゃれ部屋を作るためのインテリアマガジン

押入れの洋服収納実例集!整理の方法や収納アイデアをご紹介

和室の収納といえば、押入れですよね。押入れをどのように活用していますか?布団の収納として利用されることが多い押入れ。ですが、現代ではベッドで寝ているため布団は使っていないという人も多いのではないでしょうか。布団は使っていなくても、押入れは重要な収納スペースです。そこで今回は、押入れを洋服の収納に利用するアイデアをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

著者名:aoikaede

和室の収納といえば、押入れですよね。押入れをどのように活用していますか?布団の収納として利用されることが多い押入れ。ですが、現代ではベッドで寝ているため布団は使っていないという人も多いのではないでしょうか。布団は使っていなくても、押入れは重要な収納スペースです。そこで今回は、押入れを洋服の収納に利用するアイデアをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

衣類ケースを使用した押入れの洋服収納アイデア

ラベルシールを使った押入れ洋服収納

押入れに洋服を収納する一番簡単な方法は、衣類ケースを使う方法です。ケースを使うことによって、押入れの中もごちゃごちゃせずすっきりと収納できます。トップスやボトムス、また使う季節によって分けて収納すると、使いやすく便利です。また、衣類ケースは外からだとどこに何が入っているのが見えないので、ラベルシールを貼って分類すると何が入っているかわかりやすく取り出しやすいですね。

 

白のケースで揃えた押入れ洋服収納

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@___it.23)がシェアした投稿

収納するものによって、形や大きさの違う複数の収納ケースを使いたい場合がありますよね。複数のケースを使ってしまうと、統一感がなくごちゃごちゃしてしまいそうですが、すっきり見せるポイントは収納ケースの色をそろえること。色をそろえることで統一感が出て、片付いて見えます。特に白でそろえると、清潔感もありすっきりとシンプルな印象になりますよ。

 

押入れ収納用衣類収納ボックスで押入れ洋服収納

右側のグレーの衣類収納は、押入れやクローゼットの洋服収納に便利な衣類収納ボックスです。縦にしても横にしても収納することができ、また耐荷重が10kgまでなので重ねて収納することも可能。また、横に取り出し窓がついているので、積み重ねたまま下のボックスから洋服を取り出すこともできます。使い勝手が良いですね。

 

白で目隠しした衣類ケースの押入れ収納

 

この投稿をInstagramで見る

 

@amama.lifestyleがシェアした投稿

衣類ケースは、半透明になっていて中が見えるようになっているものが多いです。中が見えてしまうのが気になる場合、扉部分に目隠しをしましょう。白のボードを使えば、すっきりとシンプルな見た目になります。逆に、中が見えなくなりどこに何が入っているかわかりにくくなるという場合には、ラベルシールを貼って分類するのがおすすめです。

 

花柄で目隠しした衣類ケースの押入れ収納

 

この投稿をInstagramで見る

 

✿(@s.pon_y)がシェアした投稿

先程は白いボードで目隠しするアイデアでしたが、こちらは好きな柄を使って目隠しするアイデアです。マリメッコの花柄をプリントアウトして目隠しに使っています。自分なりにアレンジしてお気に入りの収納にしましょう。好きな柄を使用すればテンションも上がりますし、雰囲気がパッと明るくなりますね。

 

突っ張り棒を使用した押入れの洋服収納アイデア

突っ張り棒と洋服収納で押入れ洋服収納

 

この投稿をInstagramで見る

 

@nn.naru.uuがシェアした投稿

ハンガーに掛けたまま押入れに洋服を収納するのに一番簡単なアイデアが、突っ張り棒を使う方法です。こちらは、押し入れの下の段に突っ張り棒を通して、そこにハンガーに掛けた洋服を収納しています。突っ張り棒よりも低い高さの洋服収納なら、同時に使うこともできますね。ただし、突っ張り棒にあまり重さを掛けてしまうと落ちてしまうことも。たくさんの洋服を収納したい場合は、耐荷重の大きい突っ張り棒を選びましょう。

 

突っ張り棒と収納ケースで押入れ洋服収納

 

この投稿をInstagramで見る

 

mana(@rgrg___11109)がシェアした投稿

ふすまを取り払って、押入れをまるごと収納として使用している実例です。突っ張り棒を使って洋服収納しているほか、収納ケースやカラーボックスを使ってさまざまなものを収納しています。押入れはかなり大きな収納スペースであることがわかりますね。たくさんのものを収納していますが、白で統一しているためすっきりと整って見ます。

 

突っ張り棒とオープンボックスで押入れ洋服収納

こちらも、突っ張り棒を使ってたくさんの洋服を収納していますね。また、ポイントは左側の中棚の上に置いてあるオープンボックスを使った収納アイデアです。ハンカチや靴下、下着などの小さいアイテムは、深さのある収納よりもこのように小さめのオープンボックスに入れる収納がおすすめですよ。

 

突っ張り棒と収納ボックスで押入れ洋服収納

 

この投稿をInstagramで見る

 

ℎℎ ໒꒱·゚(@shihomiy_n)がシェアした投稿

押入れに赤ちゃんの洋服やおもちゃなどを収納したこちらの実例。白やベージュ、ベビーピンクなどのやさしい色合いで統一されています。高さのある押入れは、ついつい上に物を重ねていってしまいがち。ですが、棚を使うことで取り出しやすくすっきりと収納することができます。カラーボックスの中にかご編みの収納ボックスを使うことで、おしゃれな収納になっていますね。

 

突っ張り棚で押入れ洋服収納

こちらは突っ張り棚を使った収納アイデアです。通常押入れは、真ん中に中棚と呼ばれる棚と、上部に枕棚という棚の2つの棚がついていて、その間には棚がありません。そこで突っ張り棚を使うと、棚を増やすことができます。収納棚を押入れの中に置いて使う方法もありますが、突っ張り棚を使ったほうが、デッドスペースが生まれません。

 

ハンガーパイプを使用した押入れの洋服収納アイデア

ハンガーパイプを使った押入れ洋服収納

ネジを使って固定するハンガーパイプは、突っ張り棒よりも取り付けるのに手間がかかります。ですが、ネジでしっかり固定するため強度は増します。そのため、洋服をたくさん掛けても安心です。たくさんの洋服を収納したい場合や、コートなど重たい服を掛けて収納したい場合、ハンガーパイプがおすすめです。

 

ハンガーパイプを2段取り付けた押入れ洋服収納

こちらはハンガーパイプを上下に取り付けて洋服を収納している実例です。通常押入れは板張りのままですが、こちらの実例は中を白く塗っているため、清潔感がありすっきりとして見えますね。棚の下には収納ケースも使い、洋服をまとめて押入れの中に収納できるようにしています。丈の長い洋服はハンガーパイプに掛け、ニットなどの掛けると伸びてしまう洋服は引き出し収納にと分けて収納できるようになっています。

 

ハンガーパイプと衣装ケースで押入れ洋服収納

 

この投稿をInstagramで見る

 

Miyukichi(@_miyuk_ichi_)がシェアした投稿

こちらは、押入れの下の段に衣装ケースを置き、上の段にハンガーパイプを取り付けた押入れ洋服収納です。ハンガーパイプなら、このようにたくさんの洋服を掛けて収納しても強度があるので安心です。横の壁にもS字フックを付けて引っ掛け収納ができるようにし、衣装ケースの上の隙間にもかごを置いてスペースを有効活用していますね。

 

ハンガーパイプと吊り下げ収納で押入れ洋服収納

 

この投稿をInstagramで見る

 

.*・゚ .゚・*.(@sao.coco)がシェアした投稿

吊り下げ収納は、突っ張り棒やハンガーパイプに吊り下げて使える収納ケースです。ハンガーパイプとの併用がおすすめです。また、扉を取って、かわりにカーテンを取り付け目隠しにしているアイデアも素敵ですね。手の届きにくい枕棚には、あまり使わないものを箱に入れて収納するのがおすすめです。

 

上部取り付けのハンガーパイプで押入れ洋服収納

 

この投稿をInstagramで見る

 

@stitchs_homeがシェアした投稿

ハンガーパイプには、突っ張り棒のように壁に取り付けるタイプと、このように上に取り付けるタイプがあります。壁に取り付けるタイプは端から端まで、押入れ全体にパイプが通ってしまいますが、上に取り付けるタイプなら一部分だけに取り付けることができます。上部取り付けタイプなら、背の高い棚や収納ケースを一緒に使いたい場合、ポールが邪魔にならずに便利ですよ。

 

ハンガーラックを使用した押入れの洋服収納アイデア

ハンガーラックを使用した押入れ洋服収納

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@yuna5_55)がシェアした投稿

ハンガーパイプと違い、押入れに取り付ける必要がないのが、ハンガーラックを使った収納アイデアです。ハンガーラックはもともと、床に直接置いて自立するようになっている洋服収納。そのハンガーラックを、押入れの中に置いて使用する洋服収納アイデアです。ハンガーラックに掛けた洋服を部屋の中に置くよりも、押入れの中に入れたほうが部屋が広く使えますし、ふすまで目隠しもできますね。

 

ハンガーラックと衣類ケースで押入れ洋服収納

 

この投稿をInstagramで見る

 

めりー(@meeryyy.3322)がシェアした投稿

こちらは、押入れの上の段にハンガーラックを置き、下の段には引き出し式の衣類ケースを置いた押入れの収納アイデア。ハンガーラックには冬物のコートが収納されていますね。ハンガーラックに掛ける収納と、たたんで引き出しに収納するものとを使い分けることができます。押入れは収納スペースが大きいので、衣類の量によっては衣替えの必要もないかもしれませんね。

 

押入れ用ハンガーラックで押入れ洋服収納

こちらの写真では少し見えにくいですが、左側の棚の上に置いてあるハンガーラックは押入れ用のハンガーラックです。手前側にハンガーポールがあり、奥側は棚になっておりバッグや小物が収納できるようになっている優れもの。奥行きのある押入れのスペースを有効活用できるようになっています。また、あまり使わないものは、箱型の収納ケースにしまって手の届きにくい枕棚に収納するのがおすすめです。

 

2段式ハンガーラックで押入れ洋服収納

こちらも押入れ洋服収納に特化したハンガーラック。ポールが前後2段になっており、押入れの奥行きの広さを有効活用できます。また、ポールは伸縮式になっており、高さを変えることができます。押入れの高さに合わせて調節することができますね。季節によって、前側に掛けるものと後ろ側に掛けるものを衣替えのように変えても良さそうです。

 

伸縮式ハンガーラックで押入れ洋服収納

こちらも押入れ用のハンガーラック。1段タイプのハンガーラックです。縦に伸縮できるのは先程の2段タイプのものと同じですが、こちらは2段タイプには難しい、横にも伸縮できる機能がついています。押入れの幅に合わせて調節することができますし、逆に少し短めにして横に衣類ケースを置いて同時に使うという使い方もできますね。

 

押入れ洋服収納実例アイデアまとめ

貴重な収納スペースである押入れに、洋服を収納するアイデアの実例をご紹介しました。押し入れは通常、棚がひとつ付いているだけで奥行きも広く、持て余してしまいがちです。ですが、ちょっとした工夫で便利な収納として使うことができます。今回の記事を参考にして、ぜひ押入れを洋服の収納に有効活用してみてくださいね。

 

収納に関する以下記事もおすすめ