SLFT(スリフト)

おしゃれ部屋を作るためのインテリアマガジン

4畳半レイアウト特集!狭い部屋でもおしゃれなコーデ術を実例でご紹介

4畳半のお部屋は、スペースが限られているのでどのようにレイアウトするか迷いますよね。4畳半のお部屋をどのように使うか悩んでいる方も多いかもしれません。そこで今回は、4畳半のお部屋の一人暮らし、4畳半の部屋を子供部屋に使いたい場合、4畳半の和室の場合など、用途に分けて4畳半のレイアウトのポイントを実例付きでご紹介します。工夫次第で広く見せることも可能ですよ。

著者名:aoikaede

4畳半のお部屋は、スペースが限られているのでどのようにレイアウトするか迷いますよね。4畳半のお部屋をどのように使うか悩んでいる方も多いかもしれません。そこで今回は、4畳半のお部屋の一人暮らし、4畳半の部屋を子供部屋に使いたい場合、4畳半の和室の場合など、用途に分けて4畳半のレイアウトのポイントを実例付きでご紹介します。工夫次第で広く見せることも可能ですよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

4畳半のレイアウト《一人暮らし》

4畳半ワンルームのレイアウト

 

この投稿をInstagramで見る

 

もま(@moma2674)がシェアした投稿

4畳半ワンルームとなると、かなりスペースが限られますよね。そんなときのレイアウトのおすすめは、背の高い家具を置かないこと。また、置く家具を最小限にすることです。背の高い家具があると、圧迫感が出るため部屋が狭く感じてしまいます。ベッドも背の低いローベッド、またはマットレスを直接置くのがおすすめ。家具も、テーブルと椅子はひとつ、背の低い収納ですべてまかなうなどがおすすめです。

 

シンプルな4畳半のレイアウト

 

この投稿をInstagramで見る

 

m_cocochi(@m_cocochi_)がシェアした投稿

こちらも、置く家具を最小限にしている4畳半のお部屋です。テレビも小さめのものを置いていますね。また、狭いお部屋のコーディネートのポイントは、色味を揃えること。たくさんの色を使ってしまうと、雑然として部屋が狭く感じてしまいます。こちらのお部屋はテーブルとテレビ台、床の色が同じ色味で揃えられているので、統一感があります。壁の色やラグ、時計もシンプルで、落ち着いた空間になっています。

 

ホワイトで統一した4畳半のレイアウト

 

この投稿をInstagramで見る

 

Madobe Room(@madobe705)がシェアした投稿

ホワイトは膨張色なので、部屋を広く見せる効果があります。4畳半のお部屋が狭く感じる場合、ホワイトで統一するのがおすすめですよ。家具を白で統一すると、部屋を広く感じるだけでなく、シンプルで整った印象のインテリアになります。こちらのお部屋はベッドやテーブル、家電や小物に至るまでホワイトで統一されていて、4畳半のお部屋をうまく活用しています。

 

狭く感じさせない4畳半のレイアウト

 

この投稿をInstagramで見る

 

のりしお(@nori.shio)がシェアした投稿

アメリカンヴィンテージ風のおしゃれなこちらのお部屋。4畳半とは思えませんね。家具もたくさん置いてあります。こちらの4畳半のお部屋のポイントは、インテリアスタイルや色味を統一していることと、置く家具の高さを合わせていることです。圧迫感の出る背の高い家具は避けて、さらにテーブルやテレビ台、部屋の隅に置かれた棚などの高さを統一することで、お部屋に広がりをもたせています。

 

プロジェクターのある4畳半のレイアウト

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@__a.u.99)がシェアした投稿

こちらもベースはホワイトで統一されたお部屋です。テレビは小さめのものが置かれ、代わりに棚の上にはプロジェクターが置かれています。狭いお部屋の場合、大きなテレビの代わりにプロジェクターを置くのはおすすめです。プロジェクターを反対側の壁に映すため、その部分の壁は何も置かず何も飾らないようにするため、白い壁の面積が増えてお部屋を広く見せるという効果もありますよ。

 

関連記事

おしゃれな一人暮らしの部屋を作るコツ!家具や収納の使い方を実例でご紹介

一人暮らしの洋服収納事例集!狭い部屋でもスッキリ片付けるアイデアをご紹介

 

4畳半のレイアウト《子供部屋》

ロフトベッドを置いた4畳半のレイアウト

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mika Takesita(@mippyyyy)がシェアした投稿

次に、4畳半の子供部屋のレイアウトをご紹介します。4畳半は少し狭い気がするかもしれませんが、うまくレイアウトすれば子供部屋には十分ですよ。4畳半の子供部屋におすすめなのが、ロフトベッドです。ロフトベッドは背が高い家具なので圧迫感がありますが、ベッドの下に机など他の家具を置くことができます。子供部屋に必要なベッドと勉強机を、省スペースで置くことが可能ですよ。

 

オープンクローゼットの4畳半レイアウト

こちらの子供部屋が4畳半なのに余裕がある理由は、オープンクローゼットを採用していること。扉がないため、クローゼットの中までひとつづきのスペースになりその分部屋が広く感じられます。扉付きのクローゼットの場合でも、扉を外すことで同じような効果が得られますよ。ただし、クローゼットの中に荷物がパンパンに入っている場合は、扉がないと雑然として余計狭く感じてしまうかもしれません。

 

最低限の家具を置いた4畳半レイアウト

 

この投稿をInstagramで見る

 

✤happy✤(@happy.life627)がシェアした投稿

4畳半でも十分だったというこちらの子供部屋。置いてある家具は、ベッドと勉強机、そしてカラーボックスのみです。最近は、リビングで勉強するという子供も増えています。リビングに勉強スペースや本棚を置くことができれば、子供部屋はもっと広く使えるかもしれませんね。広すぎると掃除も大変ですし、使い方や工夫次第で子供部屋は4畳半で十分かもしれません。

 

収納付きベッドを使った4畳半のレイアウト

 

この投稿をInstagramで見る

 

ayaccimam(@ayaccimam)がシェアした投稿

ピンク×ホワイトのかわいい子供部屋。色味を揃えることで、お部屋がすっきりと整って広く見えます。また、使っているのは、ベッドの下が収納になった家具。4畳半を広く使うポイントは、家具を減らすことです。収納付きベッドを使えば、家具を減らすことができますよ。家具を減らせば、その分部屋が広くなりスペースの有効活用ができます。

 

机の下に本棚を設置した4畳半のレイアウト

グレーの壁がかっこいいこちらの子供部屋は、DIYで作り上げているそうです。4畳半の部屋を広く使うポイントは、DIYの本棚付きの机です。机の下のスペースを本棚として利用できるというアイデア家具。背の高い本棚を置くと圧迫感が出てしまいますが、これなら背の高い家具を置く必要もなく、またデッドスペースをうまく活用できます。

 

4畳半のレイアウト《和室》

ソファとテーブルを置いた4畳半のレイアウト

 

この投稿をInstagramで見る

 

そらまめさん(@soramame_san3)がシェアした投稿

ソファとテーブルを置き、和室を洋室のように使用しているレイアウトです。グリーンとブラウンで揃えた、落ち着いた色味のインテリア。4畳半の和室に大きな家具を置くと、部屋が埋まってしまいゆっくり過ごせませんが、二人がけくらいの小さめのソファとテーブルなら十分余裕があります。植物やお気に入りの小物を置いて、くつろげる空間になっています。

 

こたつを置いた4畳半のレイアウト

 

この投稿をInstagramで見る

 

kazumi(@backyard_nesto)がシェアした投稿

4畳半の和室にこたつのみを置いたレイアウトです。和紙の吊り照明が和室に合っていておしゃれですね。こたつだけなら、4畳半でもかなりゆったりとスペースがあります。和室でゆっくり過ごしたい方にはおすすめのレイアウトですよ。ものが少ないので、すっきりとしてお部屋が広く見えますね。

 

茶室としての4畳半レイアウト

 

この投稿をInstagramで見る

 

古民家 竹zen(@chikuzen_yuki)がシェアした投稿

こちらは、古民家の昔ながらの4畳半和室です。正方形の小さな座卓と、そのまわりに座布団を置いただけのシンプルなレイアウト。4畳半の茶室としてのレイアウトです。このレイアウトなら、4人で座ってもゆとりがあります。壁に掛かった掛け軸も昔ながらの和室の雰囲気を高めています。

 

子供のおもちゃを置いた4畳半のレイアウト

 

この投稿をInstagramで見る

 

なみ(@ouchinocoto.12345)がシェアした投稿

こちらは、リビングの隣の和室を子供の遊び部屋にしている実例です。すべり台のついたジャングルジムにプラレール、おままごとセットとミニキッチン。子供のおもちゃが4畳半いっぱいに並べられていますね。ジャングルジムやプラレールはリビングなどに置こうとすると場所を取ってしまいますが、そんなときに4畳半の和室は便利です。たくさんのおもちゃを4畳半の部屋に十分並べられますよ。

 

キッズルームの4畳半レイアウト

 

この投稿をInstagramで見る

 

ⒽⓄⓂⒺ(@mi.dor.i_3)がシェアした投稿

正方形の琉球畳を置いた、ナチュラルモダンな和室。こちらも、和室を子供用のスペースにしています。すべり台のついたジャングルジムとキッズテントを4畳半に置いても、十分余裕がありますね。畳はフローリングよりやわらかいので、子供が転んだりしても怪我をしにくく安心ですよ。

 

関連記事

海外の子供部屋実例集!参考にしたいおしゃれで可愛いインテリアコーデをご紹介

 

4畳半のレイアウト《その他》

4畳半のリビングレイアウト

2DKの4畳半のお部屋を、リビングに使用している実例です。膨張色であるホワイトをベースに、ベージュの木の家具を合わせたナチュラルインテリアですね。置いている家具は、白い二人がけのソファにローテーブル、テレビ台とテレビ、棚。こちらも、テーブルや棚、テレビ台の高さを背の低いもので揃えているため、圧迫感がありません。家具の配置が少しぎゅっと集まった感じですが、ソファに座ってゆったりと過ごすことができますよ。

 

4畳半の和室リビングレイアウト

 

この投稿をInstagramで見る

 

そらまめさん(@soramame_san3)がシェアした投稿

こちらは、4畳半の和室をリビングとして使用している実例です。ブラウンを基調にまとめた落ち着きのあるインテリアは、和室にぴったり。4畳半をリビングにするのは狭いと感じるかもしれませんが、小さめのローテブルにソファとテレビ、戸棚くらいなら十分置けます。4畳半という狭さが、逆に落ち着く空間になりそうです。

 

4畳半の寝室レイアウト

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@rcm___home)がシェアした投稿

4畳半の部屋にダブルベッドなど大きめのベッドを置くとそれだけで部屋がいっぱいになってしまいますが、ベッドだけを置くレイアウトなら十分です。寝るためだけの寝室なら十分ですね。タンスやテーブルなど他の家具を置くと通行スペースがなくなるので、そういった家具は他の部屋に置くのがおすすめ。また、背の高いベッドを置くとやはり圧迫感が出てしまうので、低めのローベッドがおすすめです。

 

4畳半の趣味部屋レイアウト

 

この投稿をInstagramで見る

 

satoko okazaki(@s.tyle0901)がシェアした投稿

ズラッと並んだ本棚にびっしり詰まった本や漫画、本棚の中程にはテレビとゲーム機器。好きなものに囲まれて、好きなだけ趣味に没頭できそうなお部屋ですね。本棚は部屋のサイズにぴったりなDIY。趣味を楽しむお部屋なら、4畳半でも広さは十分です。大人の秘密基地みたいでワクワクしますね。

 

4畳半の作業部屋レイアウト

 

この投稿をInstagramで見る

 

yoshie(@hellohellokatie)がシェアした投稿

こちらは作業するための4畳半のお部屋。シンプルな形のテーブルと椅子と戸棚。壁に沿ってそれらの家具を置くだけなら4畳半でも十分余裕があります。壁に掛けられた棚やワイヤーネットに並んでいる小物は遊び心があって素敵ですね。好きな小物がすぐに目に入る位置にあり、作業中の気分転換にもなりそうです。kotir

 

4畳半のレイアウトまとめ

4畳半のお部屋でも、置く家具の高さやインテリアの色使いによって過ごしやすく快適なお部屋にすることができます。どんな空間にしようかワクワクしますね。4畳半のお部屋をどのようにレイアウトしようか迷われている方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

 

こちらもおすすめ