SLFT(スリフト)

おしゃれ部屋を作るためのインテリアマガジン

ブルックリンインテリア実例集!特徴や部屋づくりの方法をご紹介

ここ数年で流行し、人気インテリアの上位にもなっているブルックリンインテリア。どんな家具を選べばよいのか?そもそもブルックリンとは?と疑問を持っている方もおられるのではないでしょうか。 ここではおしゃれなブルックリンインテリアの家具の選び方や実例集をご紹介します。

著者名:hiroki

ここ数年で流行し、人気インテリアの上位にもなっているブルックリンインテリア。部屋のインテリアをブルックリン風におしゃれな生活を送りたいという方は多いと思います。

しかし、おしゃれなブルックリンインテリアにするにはどうしたらよいか?どんな家具を選べばよいのか?そもそもブルックリンとは?と疑問を持っている方もおられるのではないでしょうか。

ここではおしゃれなブルックリンインテリアの家具の選び方や実例集をご紹介します。コツを抑えることでおしゃれなブルックリンインテリアの部屋を作りあげることができます。

 

ブルックリンインテリアとは?

そもそもブルックリンって?

ブルックリンはアメリカのニューヨーク州ニューヨーク市にある5つの地区の一つのブルックリン区のことです。このブルックリン区は倉庫や工場が多く、本来産業用の地区でしたがその分家賃が安く、近年労働者や移民者が増えることで開発が進みました。

また、産業地帯であるため高層ビルなども少なく圧迫感がないゆっくりとした街の雰囲気があります。そんな街の雰囲気から生まれたものがブルックリンインテリアなのです。

 

ブルックリンインテリアの特徴

上述したように本来産業地区であったため、古い産業用の建物の雰囲気を残した内装が特徴となっています。工場や倉庫のリノベーションしたことによる高い天井、コンクリート打ちっぱなしの壁やレンガの壁が特徴となっており、与えるイメージは「無骨」です。

部屋全体のカラーリングも明度を抑えたダークカラーであるブラックやブラウン、グレーのものが中心となり内装を決める重要な要素になります。

そんな部屋に選定する家具は無機質なアイアン家具や無垢材を使用した家具を選択することがブルックリンインテリアのコツです。

 

ブルックリンインテリアの家具の選び方

ブルックリンインテリアの家具の選び方①アンティーク

ブルックリンインテリアとは産業用の建物がベースなので家具はアンティーク調のものを選びます。工場や倉庫の壁や床の雰囲気には使い古されてエイジングされたものが部屋にマッチします。ソファであればレザーのもの、テーブルやイスはアイアン素材が使われたものがおすすめです。木材が使用されている家具は古材を使用した家具を選ぶようにすると良いでしょう。新品のようなものは部屋から浮いてしまうため注意が必要です。

 

ブルックリンインテリアの家具の選び方②カラーリング

ブルックリンインテリアで注意したい中の一つにカラーリングがあります。ブルックリンインテリアではレンガやコンクリート、木材がベースになるため、カラーリングもブラウンやグレー、ブラックが基本的な色となります。

明度少ない暗い色がブルックインテリアにぴったりですので意識して選ぶようにしましょう。逆にパステルカラーなどは部屋で悪目立ちするため気を付けましょう。

特に忘れがちとなるカーテンは必ずダークカラーにします。カーテンがダークカラーであればブルックリンスタイルは更に引き締まりますし、逆にカーテンが明るくなると変に目立ってしまいます。

 

ブルックリンインテリアの家具の選び方③照明

おしゃれなインテリアには照明が欠かせませんが、選択する照明によって部屋のブルックリンスタイルが崩れてしまうため注意です。

まず照明の色についてですが昼光色を選んでしまうと青白い光によってブルックリンスタイルが崩れてしまいます。本来は工場や倉庫だったブルックリンスタイルを考えると電球色で雰囲気を作ることが重要です。

また、照明器具も雰囲気に合わせ、先ほどのカラーリングも考えて光沢がないものを選ぶようにしましょう。

 

ブルックリンインテリア実例(リビング・ダイニング)

一番過ごす時間が多い部屋といえばリビング・ダイニングです。リビング・ダイニングが自宅の顔になるのでブルックリンスタイルにすることで雰囲気を大きく変えることができます。来客や友人にもおしゃれなインテリアと思ってもらえること間違いなしなのでおすすめです。リビング・ダイニングのおしゃれなデザインの実例を紹介します。

 

ブルックリンインテリア実例(リビング・ダイニング)その①

 

この投稿をInstagramで見る

 

.ℂℝ(@s._factory)がシェアした投稿

リビング・ダイニングをダークカラーで統一することでブルックリンスタイルを実現できます。こちらの部屋もインテリア用品はブラウンやグレー、ブラックで統一されています。しっかりと暗色系で統一することで落ち着いた雰囲気を作り出すことができます。明るい色の壁や天井は古材風の材料を使用することでブルックリンスタイルを作りあげています。同様に、テーブル・家具の足や格子窓の素材もアイアン風にすることでブルックリンスタイルに仕上がります。

 

ブルックリンインテリア実例(リビング・ダイニング)その②

 

この投稿をInstagramで見る

 

ラスタ工務店(@lasta1015)がシェアした投稿

ブルックリンスタイルは元々産業用の建物から出来上がったスタイルですのでレンガやコンクリートで部屋の内装が作りあげられていました。その内装を再現するためにリビング・ダイニングにレンガ風やコンクリート風の壁紙を貼り付けることで一気にブルックリンスタイルに近づけることが可能です。

また、選定するテーブルやイスといった家具の素材やカラーリングに気を付けましょう。こちらのテーブルは古材+アイアン風の素材を利用し経年変化を再現しています。使い古された感を出すことでブルックリンスタイルに仕上がります。

 

ブルックリンインテリア実例(リビング・ダイニング)その③

 

この投稿をInstagramで見る

 

ibichome_はなこ(@ibichome_hanako)がシェアした投稿

リビング・ダイニングの天井に設置するアイテムもブルックリンインテリアを表現するのに重要な要素になります。

設置しているシーリングファンや照明の素材をアイアン風の無機質な素材にすることでブルックリンインテリアの特徴である産業用の建物に仕上がります。

天井が明るい色の壁紙になっている現代風なリビング・ダイニングでも光沢のないマットなものを取付るだけで引き締まり、見事なブルックリンインテリアを表現しています。

 

ブルックリンインテリア実例(リビング・ダイニング)その④

リビング・ダイニングの壁一面がタイル風の壁紙になっており、これだけでブルックリンインテリアが表現されています。ダイニングテーブル上部の照明もインダストリアルなものなので雰囲気がでています。壁紙や照明の変更でここまで雰囲気を作り出せるためおすすめなインテリアです。またカーテンもダークカラーでブルックリンインテリアへの効果を出しています。カーテンで遊びを出したい場合は明度が低い色を選ぶと良いでしょう。

 

ブルックリンインテリア実例(キッチン)

毎日必ず立つキッチンがおしゃれなインテリアであればやる気がでますし、きれいな状態を維持する意識もでてきます。友人を招いてのホームパーティーでも役立ちます。そんなおしゃれなブルックリンスタイルのキッチンインテリアの実例を紹介します。

 

ブルックリンインテリア実例(キッチン)その①

ブルックリンインテリアの基本である産業用の建物風の壁をタイル調で表現しています。キッチンアイテムをあえて見せて収納することで産業用感を出しています。

重要なポイントは棚やフックの様な小物をアイアン系のものにすることです。そしてキッチンアイテムも銅やスチールのものにすることでブルックリンスタイルを強調しています。

ブルックリンインテリアにマッチするものはあえて見せて収納し、それ以外のものは見えないように収納することも有効です。DIYで棚や壁紙を設置することで再現可能なインテリアです。

 

ブルックリンインテリア実例(キッチン)その②

見事な内装でブルックリンインテリアがデザインされていますが一つ一つのアイテムがブルックリンスタイルを作りあげています。

壁面の収納棚は黒色の光沢のないもので作られており無機質な部屋のデザインに貢献しています。この収納棚の様に大きなアイテムをブルックリンインテリアの代表的なデザインにすることでリビングや他の部屋から見た時の効果が大きくなります。

またキッチンの照明やダクトも無機質な素材にすることでブルックリンスタイルをデザインしています。

 

ブルックリンインテリア実例(キッチン)その③

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@u.__.home)がシェアした投稿

キッチン関係の家電や小物を光沢を抑えたマットなブラックで統一することでブルックリンスタイルを表現しています。重要なことは見える部分のものや見せる収納のものはブルックリンインテリアに合わせた無機質な金属系や産業用のものをイメージするを置くというところです。

こちらの家電関連のアイテムやカップボードがなければ一般的なキッチンですがこのようなカラーリングや見せ方で一気にブルックリンインテリアを作り上げれるということが分かる実例です。

DIYでも素材や塗料に注意することでブルックリン風を作り上げることが可能です。

 

ブルックリンインテリア実例(トイレ)

自宅で一番落ち着くスペースがリビング・ダイニングではなくトイレという方も多いのではないでしょうか。トイレがおしゃれなブルックリンスタイルのデザインになっていると更に落ち着ける空間に。参考になるトイレのブルックリンインテリアをご紹介します。

 

ブルックリンインテリア実例(トイレ)その①

こちらはダークブルーの壁紙が印象的なトイレです。ブルックリンスタイルの特徴はダークカラーと言われるブラックやブラウンが基本となっていますがこちらのトイレはダークブルーの壁紙を使用することでうまくアクセントとしています。

小窓の枠やトイレットペーパーホルダーはマットブラックを使用することで空間をうまく引き締めています。またフロアもダークカラーを使用することでブルックリンスタイルになっています。

 

ブルックリンインテリア実例(トイレ)その②

こちらは先ほどのトイレと変わって全体の壁紙がダークカラーになっており、ブルックリンスタイルになっています。タオルハンガーや小さなお手洗いの蛇口などもアンティーク系のものを使用することで更に雰囲気を高めています。一部の壁をダークブルーのタイルにすることでアクセントの役割をはたしています。ここまでしているため、外した柄の床のタイルもブルックリンスタイルに溶け込んでいます。

 

ブルックリンインテリア実例(トイレ)その③

 

この投稿をInstagramで見る

 

loafer since2019(@loafer2019.12)がシェアした投稿

トイレ全体は明るい壁紙や床材を使用していますが飾っている雑貨でしっかりとブルックリンスタイルになっています。特に照明はインダストリアルなものを使用することでブルックリンスタイルな空間を引き立てています。自宅のトイレの壁紙が明るい方でもアイテムだけでブルックリンスタイルに近づけられるため参考になる実例です。

 

ブルックリンインテリアまとめ

ブルックリンスタイルは基本的な要素を作っていれば実現可能なインテリアのスタイルなので部屋の雰囲気を変えやすいです。一部外した内装をしても家具の選定に気を付けたり、他を落ち着いたものにすれば崩れることはないのでDIYでも実現可能です。実例を基におしゃれなブルックリンスタイルを楽しみましょう。

 

インテリアに関する以下記事もおすすめ