SLFT(スリフト)

おしゃれ部屋を作るためのインテリアマガジン

ベージュインテリア特集!おしゃれで上品なカラーコーデの実例集

お部屋のインテリアを決めるときにメインカラーとして選ばれやすいのは、シンプルな白、グレー、そしてベージュです。白やグレーはシンプルですっきりとした印象になりますが、ベージュを使うと温かみのあるリラックスできる雰囲気になります。また、ベージュといっても白に近いライトベージュや色味の濃いダークベージュなど、色味によって与える印象も違います。そこで今回は、ベージュカラーを中心としたインテリアの実例をご紹介します。

著者名:aoikaede

お部屋のインテリアを決めるときにメインカラーとして選ばれやすいのは、シンプルな白、グレー、そしてベージュです。白やグレーはシンプルですっきりとした印象になりますが、ベージュを使うと温かみのあるリラックスできる雰囲気になります。また、ベージュといっても白に近いライトベージュや色味の濃いダークベージュなど、色味によって与える印象も違います。そこで今回は、ベージュカラーを中心としたインテリアの実例をご紹介します。

 

ベージュのリビングインテリアコーディネート

ベージュ×ホワイトのリビングインテリア

 

この投稿をInstagramで見る

 

.゜(@akn.myhome)がシェアした投稿

ホワイトとベージュは色馴染みがよく相性のいい配色で、ナチュラルでやさしい雰囲気になります。こちらのリビングは、ソファや家具がベージュで統一されていて、床もベージュ系の木目です。そこにラグ、クッション、テレビボードなどで白が足されています。フラワーベースやそこに活けられた植物も、ナチュラルな雰囲気に合っていますね。

 

ベージュ×グレーのリビングインテリア

 

この投稿をInstagramで見る

 

nuunaor_なお(@nuunao2019)がシェアした投稿

グレーもベージュと相性のいい色です。どちらも中間色なので、やさしい雰囲気になります。また、温かみのあるベージュにグレーが加わることで、ベージュ一色よりも落ち着いた雰囲気になります。こちらのリビングは床に敷いたタイルカーペットとソファがグレーで、ソファやテーブルの木の脚、床に敷いたラグがベージュと、2色でシンプルにまとまっていますね。

 

ベージュ×ブラウンのリビングインテリア

 

この投稿をInstagramで見る

 

◌۫(@m.f.j___ouchi)がシェアした投稿

淡い色のベージュ一色だと、やさしい雰囲気になりますが単調になりがちです。そこに濃い色のブラウンを差し色として使うと、空間を引き締める効果があります。こちらのリビングは、ベージュインテリアにブラウンを差し色にした実例です。テーブルや、壁にかけられたフレームなどがベージュの木目で、そこに濃いブラウンのクッションやブランケットがアクセントになっていますね。

 

ベージュ×ブラックのリビングインテリア

 

この投稿をInstagramで見る

 

Magda(@magda_homeuk)がシェアした投稿

先ほどのリビングはブラウンを差し色に使っていましたが、ブラックを使えばさらに引き締まり、メリハリのきいた空間になります。こちらのリビングは、ベージュにグレーやくすんだピンクなど様々な色を使っていますが、全て淡くグレーがかった同一トーンの色味なのでまとまりのあるインテリアになっています。そこにラダーシェルフやフレーム、ミラーの縁などがブラックで、空間を引き締めていますね。

 

グレージュを使ったリビングインテリア

 

この投稿をInstagramで見る

 

ai(@ai_home_a)がシェアした投稿

グレージュは、少しグレーがかった落ち着いた色味のベージュです。こちらのリビングは、テレビの裏に貼った存在感のあるグレージュの石目調のタイルが目を引きますね。石目調のタイルは、黒やグレーだとかっこいい反面冷たい印象になりがちですが、ベージュだと温かみのある印象になります。ソファやクッション、ランプのシェードもグレージュで統一されています。

 

ベージュのキッチンインテリアコーディネート

ベージュの木製小物で揃えたキッチンインテリア

 

この投稿をInstagramで見る

 

지 원(@tiamo_doha)がシェアした投稿

木の色にも様々な色味がありますが、ベージュ系の木を使うとナチュラルな雰囲気の強いインテリアになります。こちらは、ベージュの木のまな板やスプーンがナチュラルなキッチンのインテリア。ベージュと青のチェックのキッチンペーパーも、ナチュラルな雰囲気にぴったりです。木製の調味料ラックやそこに並んだ調味料入れも白とベージュで、カフェ風のかわいらしいキッチンです。

 

リメイクシートでベージュのキッチンインテリア

 

この投稿をInstagramで見る

 

@yk___lifeがシェアした投稿

インテリア小物などをベージュで揃えても、もしキッチン本体の色がイメージと違う場合にはリメイクシートで簡単リメイクしましょう。リメイクシートは100円ショップにも売られていて、簡単に手に入れることができます。貼ってはがせるシートなので、イメージと違っていたり、飽きたときにはまた簡単に張り替えられるのも嬉しいですね。木目柄やレンガ模様、タイル調のものなど様々な柄が売られているので、お気に入りの柄を見つけてみましょう。

 

ナチュラルなベージュのキッチンインテリア

白に近いライトベージュをメインにしたキッチン。キッチンの扉に貼られたリメイクシートと、ヘリンボーン柄の床がナチュラルなベージュです。そこに、ホワイトの食器棚や冷蔵庫と、色味の強いベージュのテーブルを揃えています。同系色で揃えているので、統一感がありますね。ナチュラルな木の温もりを感じるキッチンです。

 

ライトベージュのキッチンインテリア

 

この投稿をInstagramで見る

 

aikentole(@aiken_tole)がシェアした投稿

白×ホワイトベージュで、明るいナチュラルなキッチンインテリアです。まな板や木製の調理器具は明るいホワイトベージュ、その他の小物はホワイトで揃えられています。壁に貼っているリメイクシートは、淡い色味のライトベージュのレンガ模様。かわいいカフェ風の雰囲気のキッチンです。

 

ベージュ×ホワイトのキッチンインテリア

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@____m.rii)がシェアした投稿

白いタイルと木製の調理道具で揃えられた、ナチュラルな雰囲気のキッチンです。白のタイルに黒の目地でメリハリがきいていますね。白とベージュだけだとやわらかい印象になりますが、そこに黒が入ることで空間を引き締めています。さりげなく飾られた植物や、壁に貼られたメモもおしゃれですね。

 

ベージュの寝室インテリア

ベージュ×ホワイトの寝室インテリア

 

この投稿をInstagramで見る

 

ram(@ram___dayday)がシェアした投稿

ベッドカバーはホワイト、ラグや小物がベージュで揃えられた、シンプルな寝室のインテリア。シンプルながら、ベッドサイドのテーブルに置かれた額縁やガラスのフラワーベースに飾られた植物がおしゃれです。ベースをシンプルにしておけば、色々な小物を置いてアレンジを楽しむこともできますね。ベージュで揃えても、他の色の小物をを1つ差し色として置いても良さそうです。

 

ベージュのナチュラル寝室インテリア

 

この投稿をInstagramで見る

 

지 원(@tiamo_doha)がシェアした投稿

ベージュ1色で揃えたナチュラルなインテリアの寝室です。ベッドカバーやラグはホワイトに近いライトベージュを使っていますね。サイドテーブルは流木を思わせる木材が使われていて、ヘッドボードもナチュラルなベージュの木目です。同系色でまとめているので、統一感のある空間になっています。

 

ベージュ×ブルーの寝室インテリア

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Style Files(@_the_stylefiles)がシェアした投稿

ベージュとブルーのクッションをたくさん並べた、まるでホテルのような寝室のインテリア。ベージュとブルーを組み合わせると、爽やかなマリンテイストを思わせるインテリアになります。ネイビーのような濃い色と明るいライトブルーを組み合わせて使うことによって、メリハリのきいた空間になっていますね。

 

ベージュ×ピンクベージュの寝室インテリア

 

この投稿をInstagramで見る

 

ˎˊ˗(@neige__123)がシェアした投稿

ベージュとピンクも相性のいい色ですが、ピンクベージュだとさらに馴染みがよく温かみを感じるインテリアになります。こちらの寝室は、床とサイドテーブルが木のベージュ、ランプシェードと枕カバーがライトベージュ、ゴミ箱と飾られたポスターがピンクベージュでまとめられています。

 

ダークベージュ×ブラウンの寝室インテリア

 

この投稿をInstagramで見る

 

Smart Coatings Inc.(@smart_coatings)がシェアした投稿

こちらは色味の濃いダークベージュとブラウンを使った、落ち着いた雰囲気の寝室インテリアです。ヘッドボードはブラウン、枕カバーとベッドシーツはライトベージュとダークベージュを組み合わせて使っています。同じ色で全てを揃えると単調になってしまいがちですが、同じ色味でもこれぐらいトーンの違う色を組み合わせると、単調にならずにまとまりのある空間を作ることができます。

 

ベージュのひとり暮らしインテリア

ベージュ×ホワイトのひとり暮らしインテリア

ひとり暮らし、特にワンルームなどの場合は、ひとつの部屋の中にベッドやソファ、テレビやテーブルといった様々な家具が並ぶため、色味を揃えないとごちゃごちゃとした印象になり部屋も狭く感じてしまいます。同系色でまとめると、お部屋にすっきりと統一感が出ます。ベージュとホワイトを使えばシンプルで落ち着いた雰囲気のお部屋にすることができますよ。

 

ベージュ×ブルーのひとり暮らしインテリア

 

この投稿をInstagramで見る

 

miya(@mmmarch1)がシェアした投稿

ベージュと、同じくらいのトーンのくすんだブルーを組み合わせたインテリアです。ベージュに何か1色加えたいという場合、同じ色味の色、もしくは同じくらいのトーン(明るさ)の色を組み合わせるとしっくりと馴染みますよ。こちらのインテリアの場合、棚はブラウンでベージュと同系色、ブルーはベージュと同じトーンなので、まとまりのある配色になっています。

 

ダークベージュ×ホワイトのひとり暮らしインテリア

 

この投稿をInstagramで見る

 

まや(@__m._______)がシェアした投稿

ダークベージュを使うと、明るいライトベージュよりも落ち着いた雰囲気のインテリアになります。どんな雰囲気のお部屋にしたいかで、使う色を選ぶのが良いですね。一般的にはトーンの低い暗めの色のほうが、落ち着いた雰囲気になります。ただし暗めの色は圧迫感があり、お部屋が狭く感じてしまうことがあるので、特にひとり暮らしの場合はホワイトと組み合わせて使うのがおすすめです。

 

ベージュ×ブラウンのひとり暮らしインテリア

床とソファはライトベージュ、ドアの色はミディアムベージュ、テーブルとテレビボードがブラウンでまとめられたインテリア。こちらも、ブラウンを加えることで落ち着いた雰囲気のインテリアになっていますね。ベージュだけだとやさしい雰囲気になりますが、ブラウンやブラックが入るとかっこいい雰囲気のインテリアにすることもできますよ。

 

ベージュ×グリーンのひとり暮らしインテリア

 

この投稿をInstagramで見る

 

トミタ(@okiratimot)がシェアした投稿

こちらのお部屋は、全体的にベージュとホワイトでまとめられたインテリアの中でグリーンのカーテンがアクセントになっています。少しくすんだモスグリーンの色味がベージュに合っていますね。カーテンはお部屋の雰囲気がガラッと変わるので、差し色に使うのもおすすめです。

 

ベージュインテリアコーディネートまとめ

同じベージュを使ったインテリアでも、ベージュの色味や組み合わせる色によって全く雰囲気が違ってきます。どんなイメージのインテリアにしたいのかによって、選ぶ色を変えるのがおすすめです。ぜひ今回の記事を参考にして、お気に入りのベージュインテリアを見つけてみてくださいね。

 

インテリアカラーに関する以下記事もおすすめ